【第2章】夢の先にあった”地獄”。

僕の小さい頃からの夢は料理人でした。

子供ながらに

料理人になりたい!

そう思ったキッカケは
小学校低学年の頃にクッキーを
作っていたのがおもしろかったから。

クッキー生地をこねこねしてる時に
ふと思ったんですよね。

これ、おもしれーぞ、って(笑)

1
※画像は若すぎ(笑)

単純な性格なもんですから
そこから一切夢がブレる事なく高校を卒業し、
地元を離れ、調理の専門学校に入学。

もともと料理は好きだったので、
学校はすげー充実してました。

僕が求めている知識を勉強でき、
今まで食べた事のない料理を食べ、そして作る。

時には、テレビでしか
見た事のない有名料理人が
授業をしてくれた事もありました。

そして、時には
授業終わりに近所のパチ屋に行っていたり・・・w

1

自分の学びたい事を学び
充実した1年の専門生活を終えて、
僕は地元の某有名ホテルに就職。

小さい頃からの夢を叶え、
僕は有頂天になっていたと思います^^

新人全員の研修では
やる気に満ち溢れていたため、
誰よりも活発に行動しました。

やる気に満ちあふれすぎていたのか、

「こんな甘っちょろい覚悟じゃ、
この世界生き抜く事なんかできねえ!」

と、研修が終わる時に
勝手に一人で奮起して
人生初の坊主にしました(笑)

ほんとにバカですよね^^;

人生初の坊主にして
その気合を身にまとい、
(頭は何もまとってませんが)

いざ配属された職場では、

地獄が待ってました。

夢とのギャップ
1

僕の職場で新人には
人権なんてのは存在しません。

口を開けば怒られ、
自分の考えがあって動いてても、
相手が見て非効率だと思うなら怒鳴られ、
罵倒され、なぜか人格まで否定されます。

 

「おめーは今まで
どうやって生きてきたら、
そんなクズに育つんだよ!」

「我慢した事がないから、
こんな事も耐えられないんだよ」

「学校で何教わってきたんだ?」

「ほんっとお前は使えねえな!」

・・・・・・。

ありとあらゆる言葉で責められました。

ちょっと同期のやつと
仕事の話を職場で話していたら、

「いつまでもくっちゃべってんじゃねえ!」

と、思いっきり蹴られた事もあります。

スチームコンべクション(蒸し器)を
シャワーで流していると

「なんかムカついたから」

という理由でシャワーの水を
ぶっかけられた事もあります。

A先輩に

「これ、やっといて」

と、お願いされた事をやっていると

B先輩に

「お前、何してんだ?」

と、怒られる事も・・・・。

そこでA先輩の
名前を口に出そうもんなら、

「そうやって、
人のせいにする事しかできねえのか」

こんなセリフを言われるので、
何も言い返せません。

A先輩は関わりたくないので、
気付いててもシカトです。

正直理不尽なんてもんじゃないです。

1

分からない事を
僕の直属の先輩に聞いても、
ハッキリとは教えてくれません。

きっと、
自分がそうやって育ってきたからでしょう。

『人からは教わるもんじゃない』
『全て聞くのは甘え』

非効率なんてもんじゃありません。

何をしても怒られ、
何を言っても否定され、
相手の気分で暴力をふるわれ、
奴隷のように使い古され、

こんな日常を繰り返していくうちに
僕は職場でしゃべれなくなりました。

普段はわりとおしゃべりな僕が、
職場だと、どもるようになりました。

どもっていると
ハッキリ喋れと言われ、

頑張ってハッキリ喋れば、
根本から否定され、

僕は訳が分からなくなりました。

毎日、
胃が痛かったのを覚えています。

 

毎日、
職場までの電車で
死んだ顔で外を眺めていました。

 

毎日、
あのホテル
ぶっ潰れてくれねえかな。

と、心から思う様になりました。

毎日、毎日、毎日、毎日・・・・。
1

料理人は小さい頃からの夢でした。

僕は1流の料理人になり
修行した店では十分なポジションを得て、
その後は地元に店を構えるもんだと思ってました。

仲の良いやつだけを集め
誰もが美味いと言ってくれる料理を提供し、

自分だけの最高に
わがままな店を作るのが夢でした。

参考記事:稼いだら何をしたいのか?

しかし、現実は違いすぎました。

唯一の成長の場であるはずの
”賄い”が会社の規則により禁止。
(味を覚える唯一のチャンス)

一流のホテルと
言われているのにも関わらず、
店は毎月赤字でした。

店としてのブランドもあり、
高級食材を惜しげもなく使い、
本場の料理人を高い金で雇っていて、
芸能人もくるような店が、
です。

それでも忙しすぎて
休憩も取れないような職場だったので、
成長なんて感じた事ありません。

雑用のスピードだけは上がりましたが(笑)

僕は料理人という
人種が心から嫌いになりました。

あれだけ好きだった料理も嫌いになり、

料理人時代は家で料理を
作ったことが一度もないほどです。

ある時、
たった一人の仲良かった先輩が言いました。

「ここは監獄だよ」

1

まさにその通りです。

決められた時間に出勤して、
決められたポジションで仕事をし、

求められるのは、
その人材ではなく作業効率のみ。

このまま続けて上に立ったとしても、
顔の見えない客に料理を作り続ける日々。

そしてまたある時、
僕は先輩に給料を聞いてしまいました。

あの時は愕然としましたね・・。

僕より10年も早く入社した先輩が
僕との給料が3万しか変わらなかったんです。

こんな監獄の様な場所で
10年働き続けている先輩が、です。

ここにいたら、
人生ダメになってしまう・・・!

心の底からそう思った僕が、
将来性の無さから退職を決意した瞬間でした。

とてもじゃないけど、
耐えられないと思いました。

それでもバイトじゃないので
次の日に辞めれるもんでもなく、

僕は逃げ場を常に探しました。

探して、探して、
トイレで携帯を見ていたある日。

僕の人生を変える一つのブログに出会いました。

【第3章:そして、僕は無職になった。】へ続く。

31 件のコメント

  • 職場変えたらよかったのに。有名ホテルいっぱいあるし。うちの部下も、どもってばかりで使えないやつがいるよ。逆につかえる部下もたくさんいる。
    個人の能力と適正。あとは環境。それで人は輝くこともできるし、闇の中にいるままにもなる。
    個人の能力があるならば環境が足りなかったのでは?

  • こんにちは。
    普通の人間社会とは違う世界がありますよね。
    ドラマであった味いちもんめなど、軽く描いていますが、現実はまるっきり違うと思います。
    自分の人生の選択において、それに耐えてきた人たちだから、変われというのも難しいものでしょうね。

    • こんにちは^^

      そうですねー。
      漫画やドラマでもいじめのシーンはありますけど、
      あんな逆転劇はないですね。笑

      >自分の人生の選択において、それに耐えてきた人たちだから、変われというのも難しいものでしょうね。

      本当そう思います。
      自分もああなるのが嫌だったのかもしれません。

  • こんにちわ いつも楽しく拝見してます。
    自分は食品関係の仕事してまして、ホテルにも納品することがあります。思うのがホテルの厨房って客の顔が見えないから閉鎖的なんですよね。あとビジネス的な面も強いので能率コストを重視する向きを感じます。

    さておき
    以前馬ニートさんも記事を書いてくれました「おい、スロット日記だよ、タコが」http://newosuta.blog.fc2.com/
    のコメ欄で行われているネット麻雀が10/29に初開催から一周年を迎えるます。そこでスペシャルゲストを迎え特別対局を企画したのですが、ブログ主のtuitti 氏より「是非とも馬ニートさんを招待してほしい」と特命を受けましてお誘いに参りました。
    お忙しい中とは思いますがご検討よろしくお願いします。
    詳しいことは参加のお返事頂けました際追ってご連絡します。よろしくお願いします。

    • こんにちは^^

      >自分は食品関係の仕事してまして、ホテルにも納品することがあります。思うのがホテルの厨房って客の顔が見えないから閉鎖的なんですよね。あとビジネス的な面も強いので能率コストを重視する向きを感じます。

      おっしゃる通りです!
      この閉鎖的な空間が耐えれなかったんですよ^^;
      やりがいを全く感じれなかったというか・・。

      めっちゃ面白そうな企画のお誘いありがとうございます。笑
      でも、実は麻雀をしたことがなくてこれから覚えて10月29日に参戦ってのはアリなんでしょうか?

      ちょうど覚えないとなー、と思ってた時にお誘いがきたので、
      これを機に覚えてみようかななんて思います^^
      もし、初心者でお邪魔でなければよろしくお願いします。

  • 馬さんはずっと仕事は地獄でした。
    的な事を書いていたのでどんな仕事なのかと気にしていましたが、どちらかと言うと仕事が地獄と言うより、いじめが地獄って感じなんですかね?
    勘違いならごめんなさい。
    地獄のような職場でも辞めないで続けている先輩達がいるのなら仕事自体の問題ではないように感じます。
    僕も仕事の関係で色々な話を聞きますがまさに、地獄!
    って感じの仕事もありますから。
    いじめってする奴らは本当に糞ですが、いじめのない社会がないのも現実。
    職場選びの運が悪かったですね。

    • 追伸
      荒らしと一緒にされたくないので書いておきます。
      どんな職場でもすべてが満たされる職場なんて世の中にありません。
      そんな中でどうしても自分が譲れない部分が無理だと思ったら辞めるのが正解なんじゃないかと僕は思います。
      まだ若いから今の会社にしがみつく必要もないですから。
      ただ僕的には夢にまでみた仕事だったんならこれからでも夢を追いかけて欲しいなって思います。
      夢と現実は違いますから難しいですが。
      料理に興味もなくなっているなら追いかける価値はありませんが(笑)
      これからどんな展開になって行くのかわかりませんが、後悔しないような選択を選んで下さいね^_^

      • キビツさんのことを荒らしなんて思わないですよ^^

        >そんな中でどうしても自分が譲れない部分が無理だと思ったら辞めるのが正解なんじゃないかと僕は思います。

        僕も譲れない部分があったので、やめたのは正解だと思ってます。
        当時は興味なくなってたんですが、やっぱり面白いなーと感じるので、何かしらの形で関わってたいんですよねー。

        >これからどんな展開になって行くのかわかりませんが、後悔しないような選択を選んで下さいね^_^

        ありがとうございます!
        僕自身、どうなるかわかりませんが、自分で選んだ道なので後悔だけはしないと思います^^
        これからも頑張ります。

      • 料理人になる夢はもう叶えたってこと?そうですか。
        どんな仕事でも数年から数十年経って、仕事の深みを味わえると思いますが。皿洗いの一年だけではそりゃー、つまらなかったでしょう。
        おつかれさまでした

  • どうも仕事内容というよりも人間関係に問題があったように思えますね。
    まぁ新人の時は多少理不尽だとしてもいびられるもんでしょう大体の職場は(少なくとも私にもそんな経験がありますし、当時はなんて理不尽なんだ!!って思ってても歳とって振り返ると逆に昔の自分がホントにダメな人間って思えますw)

    馬さんを見てて正直に羨ましい部分がありますね。自分の好きな事からブレずに料理人の道まで行ってるので。私の場合は会社は誰もが知る有名な会社で給料やら福利厚生やらは全然問題なしなんですが、あいにく私には夢とか目標とかなかったんで、とりあえず採用が決まったからいいかみたいなね。しかも年齢的にも家庭的にもやり直せるような状況じゃないので、もうこの道しかないんですよね
    そのてん馬さんはまだ若くリセットが効く状況だと思うのでそこが凄く羨ましいです。
    いくら金があっても時間だけは取り戻せないですからね〜wタチが悪いことに時間が経たないとなかなかそう実感できないのがまた人間の厄介なところです。
    もしパチスロで喰えない時代になったとして、また料理人の道に行かれたなら頑張ってくださいな
    応援してますよ

    • 人間関係もありますが、将来的にあの職場で働いてても
      自分が望むものにはなれないなーと思ったのでやめた面が一番強いです。
      もちろん人間関係もデカかったですが。笑

      確かに夢とか目標が昔からあったのはラッキーだったかもです^^
      若いうちに気づけて、こういう道にこれたのが一番のラッキーだったかなって思ってます。
      どれだけ馬ニートで失敗しても、ここで得た知識を次に活かせますからね。

      >もしパチスロで喰えない時代になったとして、また料理人の道に行かれたなら頑張ってくださいな
      応援してますよ

      ありがとうございます!
      最近アンチコメが多いんで、こういったコメントを頂けるのは本当に嬉しいです^^
      頑張ります。

  • そんなん普通やし!お前が何で虐められてるかわかるか?使えねぇんだよお前は!先輩達はみんなお前の事をこいつはダメやと思ってるから虐めて辞めるようにもっていってんだよ!新人が勉強したいだと甘えんなよ、坊主の時はなみんな先輩の目を盗んで味を覚え家で寝る時間を削って練習したりとするもんなんだよ!暴力だってとうせ蹴られたりするだけやろ!我慢しろや、フライヤーの油かけられたり、やっとこで殴られないだけマシやろ!ほんと根性ねぇなお前わどうせ料理人目指したのもテレビとかで有名な料理人みて憧れたんやろう?お前の腕が上達せんから先輩達が引導渡してあげてくれたのに感謝するんやな!お前みたいな奴には一生包丁握ってもらいたくないわ、

    • 馬さん
      あなたはいじめ受けました 
      なんとかわいそうでしょいうとおりだとおりだね

      で金にめがら眩んでニートですか

      だから炎上するんだよ
      このかたのいうとおりだとおもう

  • 馬さん、きっついなー(笑)
    何書いても否定されてるやん(笑)(´д`)
    でも辞めたのは正解やね。
    仕事を辞める大半は、人間関係と言われています。
    自分も入社した時は物流配属で、毎日荷物を出荷検品をひたすら繰り返す毎日(笑)
    1日の作業時間が16時間とかいうのもざらでした。
    毎日同じ事をするので、日付や曜日も分からなくなり、記憶も途中飛んだり(笑)
    でも辞めようとは思わなかったのは、人間関係が良かったからだと思います。(残業代も凄かったけど)
    そこが全てじゃないんで、本当に自分が好きならば、別の場所でいつかチャレンジする事をおすすめします。

    • 本当そうなんですよw
      ただのプロフィールでこれですからね^^;
      最近、コメント欄開くのがだるくなっちゃって・・←

      >毎日同じ事をするので、日付や曜日も分からなくなり、記憶も途中飛んだり(笑)

      ここら辺めっちゃ分かります。笑
      毎日同じことだと、そこらへんも狂ってくるんですよね。

      料理はできれば、またチャレンジしたいジャンルです^^
      もちろん料理人として、前線でバリバリ・・ってのは無理だと思ってるんで
      何かしらの形で関われれば嬉しいですね〜。

      • いや料理に関わるなよ!まじお前みたいな奴が料理関係におるだけで胸糞わるくなるから!口だけ野郎が関わった料理にお金払う人の事も考えろや!

  • スロ中毒者は言い訳が上手だこと
    そんなんじゃどこに就職しても続かないでしょうね
    毎日スロしてればいいんじゃないw

  • 馬さんわかります!
    僕も調理師です、個人店だったのでそこまでひどくはないですが3年目ぐらいまでは本当にひどかったです、ピーラーで腕の皮剥がされる、ヤットコ顔面に飛んでくる、包丁で軽く刺される、それが許される業界です笑
    でも唯一の楽しみがまかないを作ることでした、それだけあれば生きてられました笑 それがないのはつらいですね!
    賄いなかったらソッコー辞めてます笑

    • おお、分かってくれますか!
      やっぱり賄いの存在ってめちゃくちゃでかいですよね!

      有名ホテルの味が知りたくて入社したのに、
      食べれないから結局まともに味を知れずに辞めるっていう笑

  • 馬の印象としては

    大きいことをやりたい!ビッグになってやる!サラリーマンなんて生き方はつまらない!こんな生き方は人生を無駄にしてる!

    といつつ、やっていることはスロットやネットビジネス
    もっと建設的なことで稼いでいるのであれば誰も文句いわんはず

    意気込みだけは立派で、周りを期待させる才能はあると思う
    それをこういう形で若干裏切られて、その反動で批判コメが多発している そういう印象

    きれいごとばっかり並べるが中身が伴っていないパターン
    もっと自分を磨いていこう

    • 大きいことをやろうとは考えてないですよ^^;
      自分がしたいことを自由にしたいってだけです。

      >意気込みだけは立派で、周りを期待させる才能はあると思う
      それをこういう形で若干裏切られて、その反動で批判コメが多発している そういう印象

      周りを期待させるつもりでブログやってないんですけど、
      結果的にそうなってるんですかねー・・。

      頑張ります^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です