パチプロ・スロプロ収支

期待値の荒れ方について。(曜日別収支公開)

はいどーもこんにちは!

馬ニートです!

今回の記事は期待値の荒れ方についてです。

よくスロットブログなんかを見られてる方は
「期待値は荒れるので長いスパンで見ることが大事」
「期待値を10万積んでもー10万にもなるし+30万にもなる」

「最近始まった馬ニートブログ面白いよ」
というような言葉をよく見かけると思います!!!!!!!(強引)

でも、正直分かんないと思うんですよね・・・・。
ハイエナ、高設定狙いを日々こなしてるような猛者達は別としてですよ(自分含む)←

なのでデータからこんなに期待値は荒れるんだぞ!!
と、分かるように説明したいと思います。
曜日別7月
曜日別7月 (2)
曜日別7月 (3)
まずは2014年7月の曜日別収支ですね。
この月が一番分かりやすいかなーと思って選びました。

次にトータルの曜日別収支です。
曜日別収支
曜日別収支2
曜日別収支3
このまま見比べてもピンとこないと思うので、
回収率%の表記にします!※太字がトータルの回収率

[回収率比較] 日曜:102% 140%
月曜:244% 156%
火曜:122% 120%
水曜:121% 135%
木曜:110% 140%
金曜:108% 143%
土曜:43%  130%

はい、こんな感じですねー。

月単位で見ると荒れてるのが分かると思います。
(思った以上にまとまってるとか思ったのは秘密。)
月曜なんて馬ニートGODハンドが炸裂しちゃってますからね(=゚ω゚)ノ

月でこれだけ打って収束しないのに、
「ハーデス800Gから打って、1500Gで犬降臨したよKSG!」

って言って、そこから期待値を否定していく人も少なくないと思うんですよね。
しっかりヤメ時を守って、遊びうちさえしなければ
回収率120~150%に落ち着きます。
回収率と機械割は違います!

今の機種は特に荒れるので、「長い目で見る」事が出来れば
まず間違いなく勝てます。
今の機種ってカッコつけて、言ったけど平成生まれのゆとり教育を
受けてきた僕は昔の機種なんて知らないんですけどねっ( ;∀;)

えーと・・・・上手くまとまんないな。
要するに何が言いたいかというと

「期待値は荒れるぞ」

って事です!!!!!!(強引2回目)

こういったデータでの比較って少ないと思うので、
心が折れそうな時とかにこの記事を思い出してくれて少しでも
懐があったかくなってくれたらなと思います(*^^*)
(僕のいる地域で稼働している人がもしこれを読んでいたら、思い出さずに天井間際で捨ててくれることを祈ってます。)

こんなところかな・・・・
あれ、馬ニートなのに競馬の記事書いてない・・・・。

・・・・・

・・・

・・

(スロ)馬ニートでした!

7年間で1300万稼いだ方法を無料公開中!

僕は2014年にスロプロになってから、7年間で1300万以上勝ってきました。

もう専業は引退したので記念に…というのはおかしいですが、僕が勝ってきた方法を3つの無料動画から学んでみませんか?

 

うまにい
うまにい
引退した人の方法が使えるの?

と、思われるかもしれませんが、パチスロで勝つための方法は今も昔も変わりません。

 

現に2021年1月から、週1〜2回のペースで稼働を再開したところ…

昔とまったく同じ方法にも関わらず、7ヶ月で90万を勝つことに成功

 

僕含めて一度勝てるようになった人間は、ずーっと勝ち続けることができる。

パチンコ業界は、そんな世界です。

 

「なぜ、わざわざ勝ち方を発信しているのか?」

が気になる人は他の記事や動画の中で話しているので、そちらから読み解いてください(笑)

パチスロの勝ち方を1から学べる、3つの限定動画は以下から受け取れます。

↓↓↓

動画の受取はコチラから

 

ちなみにこの講座に登録しますと…

 

  1. 最短1週間でパチスロで勝てるようになる
  2. 収入が増えるので、経済的にも精神的にもゆとりが生まれる
  3. 月単位での負けがほぼなくなるので、パチスロを勝ちながら楽しめるようになる
  4. パチスロの負けによりイライラがなくなるので、毎日平穏な気持ちで過ごせる
  5. 負けた時に訪れる、自分を押しつぶすような嫌悪感がなくなる
  6. etc…

 
これらのパチスロに関してマイナスな感情を持つことがなくなり、心からパチスロを楽しめるようになります。

スロットでもう負けたくない人は、上記から動画を受け取ってみてください^^

 

▼ブログ村にも参戦中!▼

にほんブログ村 スロットブログへ
▲応援ポチはこちら▲

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です